鮮魚!のどくろの塩焼き!

こんにちは。
居酒屋しろうのブログ担当の
塩焼きの魚は、のどくろが1番好きと言っても良いくらいな
山田みゆきです。

私が初めてのどくろを食べたのは、16歳でした。
一緒に働いていた大先輩の某ひろしさんから…
「僕はそんな年齢ではお目にかかることもなく、板修業しても触らしてもらえなかったものを…。」

と、言われました。

名古屋では、のどくろを煮付けにするお店が多いようですが、

私はのどくろを塩焼きにした方が美味しいに一票です。

のどくろの持っている良質の脂が、焼いている間に熱せられ、皮をパリパリ、中はホクホクにしてくれます。

そして、腕の見せ所なんですが…
塩加減と火加減!

塩と熱が、余分な脂を吸いながら垂らして行く…

ここが、
さらに美味しくなるかどうかのポイントなんです(^o^)

居酒屋しろうの大将は…
絶妙な塩と火加減で焼き上げますよ‼︎

大将曰く…
塩は、雨が降るようにまんべんなく降りかける。

熱は、魚を持ったときに伝わる身質で、水分や細胞の細かさによって、強弱をつけることが大切だそうです。

もちろん、背びれ、胸びれ、腹びれ、尾びれに化粧塩も欠かさないですよ(^o^)

今日は、お一人でも食べられる丸っとしたのどくろを入荷しましたよ!

私が食べたいくらいです(^o^)

それでは、皆さん、
本日も、お待ちしてま〜す。

山田みゆきでした〜。

20140603-141212-51132940.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。