馬すじのどて煮、ブリ大根作りました。

こんにちは。
居酒屋しろうのブログ担当の、
「穴子の痴女」って、なんだよ〜って思った
山田みゆきです。

昨日のお通しに、のれそれと言って、穴子の稚魚をお出ししたのですが、アルバイトの優真ちゃんに、説明したところ…

「穴子の痴女」と言ってしまった優真ちゃん…。

は、恥ずかしーーーっ!

1日中、盛り上がりましたね。

先日の話ですが、働いてる先が勝川時代のお客様がご来店して、大将に桂むきのことを聞いてました。

和包丁の片刃でもなく、洋包丁の両刃でひらひらと大根を薄く剥いていくように包丁さばきをする大将…。

お客様は、和食のお店を開きたいらしく、料理の技術が欲しいとのこと…。

桂むきは、慣れるまでは…と伝える大将…。

剥いた大根で、すぐさま漬け物に…。

私、知らなんだ…。

昨日も、大将の高校の同級生の方が、仕事場が岐阜で、お住まいが大府市なのに、わざわざご来店されました。

同級生の方は、お連れ様に大将を紹介するなり、
「魂で生きている人…」

確かに…。でも、もっと何か付けてくれても良いんじゃないかと…。

毎日、何かしら楽しい鶴舞での職場です(^o^)

さて、本日は…
大好評の宮崎地鶏と馬刺しとお魚に加え…、
馬すじのどて煮と、
今年最後になるのか?食べ納め?のブリ大根を作りましたよ。

そして何やら大将がまな板の前で、トントン、トントン…豚のヒレ肉を叩いてますね。

あれあれ、チーズを巻いて、フライにするそうです。

豚ヒレ肉のチーズ巻きフライ!
美味しそうですね(^o^)

それでは、本日も、
居酒屋しろうは元気いっぱいで
お待ちしてま〜す。

山田みゆきでした〜。

20140308-122430.jpg

20140308-122520.jpg

20140308-122603.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。