東京青春朝焼物語♫

おはようございます☀

居酒屋しろうです🏮

「東京青春朝焼物語」

長渕剛さんの歌ですね。

歌の出足が

「両足が鉄の棒のように痛かった

お前と2人で不動産屋を廻った

張り紙を何度も何度も

なぞりながら…」

とある。

懐かしいな。

僕も7年前。

前職の居酒屋で、まだ働いていたので、

営業終了後、

1人で夜中に、独立する際の物件探しをした。

当然ながら、夜中の街は人は皆無だった。

名古屋市の通勤事情を調べまくった中、

人が多い駅と

空き物件情報を見比べながら

半年近く廻った。

勝川、守山、千種、大曽根、金山、瑞穂、刈谷…。

手当たり次第、そこで働く人たちにも、

いろんな話を聞きながら、

休みの日は案内もしてもらった。

6歳からの親友から

「目星付けた?」

の連絡に

「今のところ、こことここと…」

3つほどピックアップしたところを伝えると

仕事中の夜にLINEが来る。

写真とメッセージがあった。

気になる物件の18〜21時くらいの写真と

歩いている人の人数や、

どんな人が歩いているか

どこへ向かって歩いているか

などの情報だった。

正直、嬉しい気持ちと申し訳ない気持ちが

両方こみ上げた。

「あー、仕事辞めて探すしかないな。」

そう思って前職を辞めた。

人の動きを見るのに

何時間も同じ場所で人の動きを見るのは

正直言って、かなり大変だった。

警察に、そのうち職務質問でもされるのではないかと言うくらい、不審者みたいに立ち尽くす。

気になるエリアのライバル店もあるか

ぐるぐると同じところを廻った。

居酒屋のお客様が獲得できる人数は

当然ながら1日見ているだけでは

月の平均や、1年の平均は分かるはずがなかった。

結局、1年近く廻って

1番気になる金山の物件に決めた。

意を決して、交渉に行った。

しかし

気になる物件は取れなかった。

途方に暮れている自分に喝を入れ、

翌日は新栄あたりを廻っていた。

携帯電話が鳴った。

出てみると、とある不動産屋さんからだった。

「本日の14時に物件の下見と伺ってますが…。」

今のお店のことだった。

1年近くいろいろなところを廻り、

金山の物件を他者に取られてしまうこと数件

あまりにも途方に暮れたまま

物件探しをしていたのか

14時にお願いしたことを忘れて廻っていた。

「すぐ行きます。」

そう言って、現在のお店に到着。

業者さんと一緒に内覧する際、

ビルのオーナーと、オーナーの奥様がいらっしゃった。

「この人だ!」

それだけ思った。

なんとなくだが、雰囲気が

自分の親と似ている気がした。

最初に決めた気持ちと

たくさんの本から得た情報と

自分なりの知識で

いろいろと状況を確認していく。

うん、ここだ!

6年前の話です。

「これだけの商品を良く揃えられますね。」

そんな感じの言葉をかけられますが、

僕からしてみれば、

お店に来ていただくお客様に全力で向かうのは

当然のこと。

むしろ

「お客様にこんなにも支えていただけること」

の方が凄いことだと思っています。

転居や転職、転勤などによって

お店に来られなくなってしまう方や

ほかのお店が魅力的なこともあるでしょう。

それでも変わらず来ていただけるお客様に

今日、今後、何ができるか

そして、「覚悟」なき者は

前に進まない

そんなことを考えさせてくれる

「東京青春朝焼物語」でした♫

それでは、皆さん、本日も、

お待ちしてまーす♪

〜居酒屋しろうのさくっとお知らせ〜

•11月、12月は、居酒屋しろうの6周年感謝月間❗️

•11月のお休みは、毎週日曜日と、

4日(祝)です。

•11月30日(土)は、6周年記念♪

・当日限定、周年記念ランチ(11:30〜13:30)

・当日限定、周年記念イベント(17:30〜)

•12月のごめんなさいは

27(金)です🙇‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。