居酒屋しろう奮闘記

こんにちは。
居酒屋しろうのブログ担当の
大将のブラジリアン柔術の大会が、いよいよ一週間後に控え、みるみる体重を減らして行く大将に、どんな精神力してるんだろうって思う
山田みゆきです。

大将が格闘技をやり始め、体重が10キロも減ったことにもビックリですが、居酒屋しろうがオープンしていろいろあるにも関わらず、ブラジリアン柔術の大会に出ます。

仕入れに仕込みにランチに夜の営業、各種手続きに経理や、経営プランやお店のディスプレイなどなど、

やることだらけなのに、少しの合間を見つけては、少しの練習をしていました。

ハッキリ言って勝ち目があるのか…と思うくらいの体力と精神力の消耗だと思います。

しかし、やる以上は勝ちに行くそうです。

負けても何かを習得する為にも、試合に出るそうです。

思えば、8月いっぱいで前のお店を辞め、物件やら業者やら、いろいろ当たって始めた居酒屋しろう。

12月と1月は皆さんの支えがあって、乗り越えるべきことを乗り越えて来ました。

しかし、ニッパチと言われる2月は、そう簡単には乗り越えられず、試行錯誤の厳しい時期。

それでも、いろいろな方に支えられ、居酒屋しろうは時を超えるように歩んでおります。

いつかブラジリアン柔術で黒帯を巻きたいと思う大将。

60歳になっても格闘技をやってたいそうです。

風吹bjjアカデミーの皆さんにも支えられ、お店を応援すべく…

オープン時に招き猫をいただきました。

この招き猫は、ブラジリアン柔術の帯昇格のように、お店の成長とともに、ジムの仲間から帯昇格がされるそうです。

よって、今は白帯が巻いてあります。

大将が柔術で、トップを目指すのではなく、末長く柔術を続けたいのと同じように、

居酒屋しろうの商売も、細く長く続けて行けるようにがんばって行こうと思います。

基本は基本、アレンジはアレンジ。
自分たちにできることをやる。

少しの無理はしても、無茶はしない。

さてさて、居酒屋しろうの招き猫ちゃんは、いつ色帯をもらえるのでしょうか?

帯叩きは…?

と思う山田みゆきでありました。

それでは、日曜日ですが、
皆さん、本日もお待ちしてま〜す。

20140216-011906.jpg

20140216-143812.jpg

20140216-143844.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。