居酒屋しろうの裏話パート4

おはようございます。
居酒屋しろうの大将、長谷川史郎です。

お店のオープンまで、いよいよあと2週間となりました。

前のお店の勤務しているときに、物件だけは見つけておきたいな、と思い、

最低でも2カ月くらいは、仕事終わった夜中から朝まで物件探しをしてました。

結局、見つかることなく、仕事を辞めました。
いろんな独立での経験談をお聞きすると、物件を見つけるだけで半年から一年かかるとか。

一年かけて、良い物件を見つけるのも大切ですが、僕には一年かけるほどの資金もなければ、

働きながら探すと、本来の物件探しがうまく行かない落とし穴もあるので、どちらを選択するか迷いました。

背中を押してくれたのは、今までのお客様とスタッフでした。

一年もあれば離れてしまう可能性も十分にあるからです。

ある中で決めよう。

そう決心し、2カ月以内に見つけようと。

見つからなければ、みんなと離れる時だ。

結局一ヶ月ほどで、今のところに興味を持ちました。

内装業者さんを決めて、相談する。

たまたま良い内装業者さんと出会い、いろんな方面から問題や心配事を踏まえて、工事費用や内容を絞り出す。

物件のオーナーさんと不動産屋の社長さんも、これもたまたま良い方で、長谷川さんならと優先してくれて、工事に入るかどうかまで辛抱強く待ってくれること一ヶ月。

ここで2カ月が経過しています。

僕も資金を減らす訳にはいかず、新しく借りた家に、コンロも電子レンジも炊飯器も入れず、貧しい食事で切り詰めて来ました。

12月前にはオープンしたい。

そんな気持ちを内装業者さんに言い続けて、無理を言って今月工事がスタートしました。

物件が決まってからの、ここまでの一ヶ月は、朝から夜まで、いろんな業者さんを巡り、

夜帰ってから朝までは、
コーヒーとタバコと、昔聴いてた音楽が、僕を支えてくれました。

夜な夜な浮かんでくる自分がやってきたことと、それを支えてくれた人たちが、今や遅しと

開店準備に不備がないよう、僕の頭と体を動かす。

そして、あと2週間のところまで来ました。

再度、業者いろんな業者さんとの確認や仕入れに体を動かし、見落としが無いよう頭を動かす。

あと、2週間。

自分が経験したことだけが頼りに、全部出し切れるか、

そして、オープンしてから引退するまで、お店を存続させることもテーマとなる。

どうせ死ぬなら、やってしまえば良いさ。

そんな腹をくくりながら、ぼちぼち歩んで行くつもりです。

皆さんには、今後もいろいろお世話になりますが、

一生をかけて、よろしくお願いしますと伝えておきます。

それではあと2週間後、楽しみにしていてください。

居酒屋しろう、全力で発進します!

20131117-105947.jpg

20131117-110040.jpg

20131117-110145.jpg

20131117-110157.jpg

20131117-110247.jpg

20131117-110447.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。