居酒屋しろうの朝刊です♪

おはようございます☀

居酒屋しろうです🍻

昨日も、あいスタの認証は、

進みませんでした🙇‍♂️

進まないというのは、

訪問日の連絡がなく、

突然の訪問もなかった時いうことです。

調査員訪問スケジュールには、

15〜19日のところにチェックがあります。

このまま、その日まで待つ可能性も

ありそうです。

それまでにやれることをやりつつ、

じっくりと待つことにします。

さてさて、

たまには、しろうの余分なお話を♪

昨日、アマプラで、

「ワイルドカード」という映画を観ました。

生きていく中で、

人はどこか臆病になったり、

守りに入ったりすることがあります。

「勇敢」に生きるということは、

なかなか難しく、

頭や心から、「勇敢」という言葉が

消えてしまっていることもあります。

人生が冒険であるならば、

「勇敢」に冒険したいものですよね。

思い起こせば、

個人店をやっていることや、

僕の生き方に、同調してくれたり、

刺激を受けたりしたと、

声をかけてくださる方が

いらっしゃいました。

ここ最近は、

すっかり守りを意識していたせいか、

何を攻めていたのか、

自分でも思い出せないです。

毎日を「勇敢」に生きるならば、

必ず自分に対して、チャレンジしていることが

あると思います。

新しい生活様式みたいな言葉がある

ってことは、

変化ですから、

その変化に対して、

どう攻めて行くか?

これはとっても大切なことだと思います。

しかしながら、

僕はもともと、

「古き良き日本」

を、大切に思ってますので、

あいも変わらず、

居酒屋しろうの武器は、

古風なスタイルだと

思ってます。

一にもニにも、

愛と感謝。

ただ、それだけです。

昭和に生まれ、

昭和、平成、令和と歩き、

それでも、それだけで

歩き続けます。

はい、全く器用では

ありません。

器用さを追えば、

しっかり足元を救われてしまいます。

映画「ワイルドカード」では、

若くして巨大な富を得た青年が

背中に「殴らないで」と標識を掲げた老人を見たことから、将来の自分がそうなると感じ、

恐れない心を学びたい、

勇敢に生きたいと思った。

人生100歳と言われる時代ですから、

僕もまだまだ、「勇敢」に立ち向かうべきものを

見失ってはいけない。

さぁ、皆さん、

今日も新たなスタートが切れる…

そんな日ですよ♪

1人としては、

誰しも小さな人間と感じるものですが、

同じ時代、同じ星に

生まれた仲間ですから、

小さくとも共感できる方と

切磋琢磨できるものがあるならば、

個々の「勇敢」に

向かって歩こうではありませんか。

居酒屋しろうは、

その確認と、ちょっとした息抜き、

自分に対する栄養、

自分に対するご褒美、

そんな存在でありたいと思った

昨日でありましたとさ。

〜居酒屋しろうのさくっとお知らせ〜

🔴〜休業時短などの要請について〜🔴

•10/1〜10/17の時短要請期間は、

現在のところ、お休みをいただきます🙇‍♂️

•営業再開につきましては、再度ご連絡いたします。

🟢~ソーシャルディスタンスの確認~🟢

・通常営業時の半分のお席になるよう、

テーブル2つで、1卓となるようにしてありますので、広い間隔をあけて、お座りいただけます。

・店内に入りましたら、左手テーブル席に

お客様用アルコール消毒液をご用意してあります。

・換気の為、お座敷側の窓は開けて営業します。

・従業員は、マスクをして、接客します。

・体調の良くない方のご来店は、お控えください。

⚠️ほか、飲食店でのガイドラインを、ご確認いただけると助かります🙇‍♂️

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。